興信所に調査の依頼をする場合に気を付けたいのが調査によるトラブルですが、調査を依頼するにあたって費用がたくさん必要になることに加えて、調査内容によっては調査にかかる時間や費用が不明瞭なケースがあります。
料金トラブルに発展することが多いのが特徴となっていますが、事前に気を付けることによって料金トラブルの一部は回避することができることもあります。
調査を依頼するまでには何回かステップを踏むことになると思いますが、最初は興信所選びに始まり、次は調査してもらいたい内容を相談してどれくらいの費用がかかるかという見積もりや調査そのものが可能かどうかという確認で、最後は契約書にサインをするところです。
この中でも金銭トラブルという部分に視点をおいた場合に重要となってくるのが見積もりや契約ですが、契約書に関しては興信所から提示された料金や調査内容に対して合意をしたという証明でもあるため、ここにサインをした後は取り消しができないことも想定されます。
また、契約書は書かれている文章が長いことも多いため、最後までしっかりと読まないとう人も多いと思いますが、きちんと最期まで読んでいないとキャンセルや調査が失敗した場合の対応など本来なら納得しない内容であってもサインをしてしまうことで合意したとみなされることになります。
悪質な興信所の中には追加料金に関する期日を口頭で説明しないで契約書に小さく書いて説明しているようなところもあります。