興信所はプロの調査スタッフで構成されているため、素人が調査をする場合に比べると圧倒的に調査の成功率は高くなっていますが、調査をするということは調査をされる側も調査される何かを持っているわけであって、それが浮気や素行調査だとすると日頃から知られないように敏感になっていることが想定されます。
そのため、ちょっとした変化に敏感なケースも少なくなく、どれだけプロの興信所が派遣したスタッフであっても調査のターゲットになっている人に調査をしていることが知られてしまう可能性というのは大いにあります。
調査内容によっては失敗したでは済まされないようなこともあるかもしれませんが、調査を行ってそれが失敗してしまった場合の保障については気になる部分でもあると思います。
以前は調査に失敗しようが成功しようが費用は当たり前のようにもらうというのが興信所や探偵事務所のスタンスでしたが、最近は同業者が増えていることもあってそのような態度を取っていると依頼主がいなくなるということから調査に失敗した場合の保障制度を充実させているところも増えています。
保障制度と言っても様々な制度が用意されているため、一概には言えない部分もありますが、再度無料で調査を遂行してくれるケースもあれば、依頼料の一部を返金してくれるところもあります。
保障の有無についてはそれぞれの興信所や探偵事務所のホームページに掲載されていると思うので、必ず事前に調べるようにしましょう。