興信所に調査を依頼するにあたって問題となるケースで多いのは会社側が不当に調査をする調査員の水増しを行うケースですが、本来調査会社が何かを調査する場合はペアになって調査をする場合がほとんどで、これはカモフラージュの意味だけでなく危険回避や大事な証拠を逃さないためという意味もあります。
興信所の見積もり書などを見てみても分かるように料金に内訳で調査員にかかる費用については二人の調査費用で請求している場合がほとんどですが、調査会社の中には二人だとコストがかかるという理由から本来なら二人で調査をしないといけないのに一人で調査をさせるところがあり、これを調査員の水増し問題と呼んでいるわけです。
調査は秘密裏に行われることが前提となっているため、調査員が二人なのか一人なのかということは調査を依頼した側では把握しにくいということを利用した悪質な行為で、これは立派な詐欺行為だと言えますが、高いお金を払って調査を依頼している人からすると腑に落ちないと思います。
このようなことが行なわれていないか実際に調査の現場を確認することで問題解決ができそうな気もしますが、調査の内容は企業秘密になっているところがほとんどで、例え依頼をした人に対しても具体的にどのような調査が行われているか知らせない場合がほとんどです。
そのため、調査員の水増しをされるのを防ぐためにはとにかく信頼できる興信所を探して調査を依頼するということが大切になります。